2012年7月8日日曜日

No.190 7月8日(月)パブリック・ディプロマシー

1958年(昭和33年)7月8日の今日、
伊勢佐木から横浜公園に移築された米軍用の室内運動場フライヤー・ジムの接収が解除されます。
YOKOHAMA米軍接収時代の文化戦略(パブリック・ディプロマシー)の小さな一コマに終わりを告げました。
その後12月23日にフライヤー・ジムは改修、改築され「横浜公園体育館」と名称変更しますが、昔を知る人たちは相変わらず「フライヤー・ジム」と呼び続けたそうです。
1972年(昭和47年)3月5日に老朽化で取り壊され横浜公園全体が改修整備されます。
「アメリカは文化と一緒に戦争している。
 最前線に図書館の部隊がいたんだ。」
昭和18年卒業と同時に兵役に就いた父が
私に戦争を語った中の印象的なフレーズです。
終戦と同時に横浜一帯に進駐したアメリカ軍により、
占領政策は文化戦略と一緒に始まりました。
厚木に降り立ったマッカーサーはそのまま横浜へ直行
1945年(昭和20年)8月、横浜はいち早く米軍接収の時代に入ります。
取り残された沖縄は別にして、
日本の接収地面積の7割が横浜エリアに集中し、
建造物の接収も6割が横浜市内にあり、
その6割が長期の接収となりました。
横浜市中区中心部(関内地区と横浜港)は接収が集中し74%が治外法権エリアとなっていたため横浜の経済復興が大幅に遅れることになります。
逆に、かつての幕末開国時のような“居留地”的なアメリカ文化にどっぷりと浸ることになります。
現実に多くの米兵及びその家族、関係者が市内で憩いの場を求め、横浜の街はそれを受け入れ大いに賑わいました。

(音楽というパブリック・ディプロマシー)
進駐軍は、横浜に司令拠点を設けると文化の拠点も物色します。
伊勢佐木界隈が集中的に米軍用の施設として接収と新築により整備されていきます。
戦後 短期間ですが、伊勢佐木(福富町)には米軍の軽飛行場がありましたから住宅より歓楽街に適していたのかもしれません。
焼け残った伊勢佐木通りのオデオン座は接収されて「オクタゴン劇場」と名を変えます。「火陽」と「ゴールドスター」といったダンスホールが開店し
ハマジル(横浜ジルバ)の発信源となしました。
元町には「クリフサイド」、馬車道には「オリンピック」、紅葉坂には「サクラポート」がオープンし、街はサウンドに満たされます。
戦中に封印していた音楽を戦後いち早く開封した人たちもいました。
野毛の吉田さんは復員してすぐに
 「ちぐさ」を復活させます。
馬車道には牧野さんの
 「三春」が開店します。
(このあたりはかなり濃厚なテーマなので別な機会に)
進駐軍の計画で足りない施設が大型劇場でした。
スポーツを中心にした多目的ホールが絶対的に不足していました。
そこで進駐軍は大型多目的ホール「フライヤージム」を伊勢佐木町「オクタゴン劇場」の前に作ります。
長者町5丁目あたりに建設され広さは837坪ありました。
ここは体育館と同時にホールとしても使用され、様々なプログラムが行われます。

1950年(昭和25年)12月
横浜交響楽団がベートーベンの第九演奏会を開催します。
以降定期公演となり毎年12月の第九が定着します。

「フライヤージム」は体育館ですから卓球、バスケット、ボクシング、空手の他プロレスの興行も頻繁に行われ、多くの観衆を魅了しました。
柔道家からプロレスラーに転身した
遠藤幸吉の初試合はここフライヤージムで行われました。
そして、
朝鮮戦争もほぼ休戦状態となった1951年(昭和26年)頃から市内の接収解除が徐々に加速される中、フライヤージムの地権者が返還を要求し進駐軍は接収を解除し
1953年(昭和28年)12月20日、横浜公園に移築します。
この時横浜公園の「新フライヤージム」のこけら落としを飾ったミュージシャンが
ジャズの天才ルイアームストロングでした。

No.96 4月5日 開港ではありません開国百年祭
http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/04/45.html
***************************************
現在は下記のサイトに移行中です。
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/

0 件のコメント:

コメントを投稿