2012年5月3日木曜日

【番外編】 歴史は繰り返し?

神奈川新聞 フランス大統領選記事に納得
2012年のフランス大統領選挙は、1回目の投票は4月22日で、過半数を獲得する候補者がいなかったため、5月6日に上位2名による決選投票が執行されることになりました。

1988年5月4日の神奈川新聞に掲載されていた記事です。横浜には関係ありませんが、歴史は繰り返すことがこの記事からはっきり納得できます。
1988年の時は、フランソワ・ミッテラン(社会党)16,704,279票を獲得し54.02%の得票率でジャック・シラクを破り当選しました。
ジャン=マリー・ルペンの動向がシラクに大きく影響した点も見逃せません。サルコジもマリー・ルペンの娘Marine Le Penに影響され、苦戦中。
今年、2012年は世界のリーダーが選挙や交代の試練を受ける年です。不安定な外交潮流とならないよう祈るばかりです。
193カ国中、3分の1に近い59カ国で選挙が行われ、うち26カ国で新たなリーダーが誕生するとみられています。主な交代が予測される国々???
米国、中国、ロシア、フランス、韓国、北朝鮮(交代済)、台湾、日本???

0 件のコメント:

コメントを投稿