2012年2月9日木曜日

No.40 2月9日 日諾交流

アメリカは米、イギリスは英、ドイツは独と漢字で書き表します。では、
「諾」とはどこの国を表しますか?
戦前の豪華客船繋がりで、戦後の記録から一隻の豪華客船を発見しました。1961年(昭和36年)のこの日、新春に集中的に訪れる外国客船の第一陣としてノルウェー船籍のベルゲンスフィヨルド号が横浜に入港しました。ノルウェーは漢字で諾威と書きます。

ベルゲンスフィヨルド号、1956年建造で総トン数18,739t一等103名、ツーリスト・クラス775名規模の中型豪華客船です。
ベルゲンスフィヨルド号
今日は横浜に来航したベルゲンスフィヨルド号を通してノルウェーと日本との交流を紹介しましょう。ノルウェーといえば、ビートルズのNorwegian Wood、最近では村上春樹の「ノルウェイの森」が有名ですが、意外と「ノルウェー」本国に関しては情報不足ではないでしょうか。

立憲君主制、海運国家で、捕鯨国という共通項を持つノルウェーとは明治政府が初めて修好通商条約を締結した国(当時スエーデン=ノルウェー同君連合)です。
その後、ノルウェーが独立しますが、そのキッカケは日露戦争での日本の勝利でした。横浜とノルウェーの因縁ですが、ヨハン・マルティウス・トレーセンをご存知でしょうか。ヨハンは、ノルウェーに生まれアメリカに移住し米国に帰化しました。
ヨハンは米国で名前を米国人名に変えます。
ヨハンことウィリアム・コープランドは1864年に来日し牛乳販売店を共同経営します。
その後運送業で成功し財を得ます。
彼は以前ノルウェーで修行したビール醸造技術を活かすべくビール醸造所建設を決意します。
1870年に山手天沼の水を使ってビール醸造所「スプリング・バレー・ブルワリー」を創設します。15年続きますが、諸般の事情で醸造所をまるごと手放します。一時期再建が危ぶまれますが、岩崎弥之助ら9人が資本参加しコープランドの醸造所を買い取り再建します。このビール工場ででき上がったビールが「キリンビール」です。

コープランドは「スプリング・バレー・ブルワリー」時代に妻を病気で失います。ビール工場を手放した後、日本人勝俣ウメと再婚します。ハワイ、そしてグアテマラでビジネスを始めますがあまり上手く行かず、第三の故郷日本に戻り亡くなります。68歳の生涯でした。
http://www.kirinholdings.co.jp/company/history/person/pioneer/copeland/index.html

現在のうまい!地ビール!
***************************************
2013 横浜わが街シリーズは
2014年〜
下記にて移行継続中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿