2011年9月24日土曜日

映画雑談 パリより愛をこめて

From Paris with Love
2010年
「パリより愛をこめて」
上映時間 95分
製作国 フランス
映倫 R15+(麻薬)
監督: ピエール・モレル
製作: インディア・オズボーン
製作総指揮: ヴィルジニー・ベッソン=シラ
原案: リュック・ベッソン
脚本: アディ・ハサック
出演: ジョン・トラヴォルタ
ジョナサン・リス・マイヤーズ
カシア・スムートニアック
一度出来上がったイメージを乗り越えることは難しい。
スーパーマンで一躍有名になったジョージ・リーヴスは、スーパーマンのイメージが強過ぎて他の役が得られずスランプに陥るなか死亡した。その意味で
過去のイメージ(ジェームズボンド)を払拭したショーンコネリー
過去のイメージ(トニー)を十倍に濃縮したジョントラボルタ
今回は、ジョントラボルタの「パリより愛をこめて」を紹介する。
リュック・ベッソン プロデュース映画というだけである程度のイメージが出来上がってしまうほど、ベンソンらしい作品だ。批評家の反応は概ね否定的で興行的には失敗と言われているが、見ておいて損は無い。アメリカとフランスのパーセプションギャップをパロディにした?作品で粗雑さも演出?かと思うどんでん返しはトラボルタならではの早口台詞が活きている。
イントロだけが情緒たっぷりのフレンチで始まるが、あとははちゃめちゃ!
パリを舞台に、型破りなCIAエージェントとコンビを組むハメになった駐仏アメリカ大使館の若手職員が、派手な捜査手法に戸惑いながらも見えない巨大犯罪組織とドンパチする姿を、ハードアクション満載で描く。TAXi、トランスポーターあり、ソードフィッシュありのレンタル鑑賞なら満足いただけるだろう。
最後に 至る所にちりばめられているアメリカへの皮肉がこれまた楽しい。
ミセス(某アメリカ国務長官風?)のアホさ加減が笑える。

0 件のコメント:

コメントを投稿